マイコンの選定 ATMega328

おおよそのマイコンの選定は決まりましたが、では、どれを実際に使うかが決まっていません。

AVR系が良さそうで、その中から選ぶと、フリーダムとの通信に使うRS-232C用に端子があるのか、液晶表示用のデータ配線の確保、その他いろいろ考えるときりが無いので、Arduino UNO R3を試作用のマイコンボードとして使い、子基板を作りArduinoで言うところのシールド基板風に積み上げていくこととしました。

Arduino IDEを使わないのでプログラム本体をAruduino UNO R3へ書き込めません。

Arduinoをもう一個買ってきて書き込む方法や、ライターを自作する方法もありますが、安全策を取ってAVRISPmk2を購入しました。

 

この試作的なものの回路図やプログラムはHDDクラッシュの時に壊れてしまったのか、

PCの中には残っていませんでいた。