ma2.electronのブログ

電子回路とかアマチュア無線機の修理とか

IC-706mk2G DRIVER段 FET交換

知人から修理依頼のあったIC-706mk2G。

 

2年ほど前にも同じ修理をしたが、また再発。

2年前はVFH/UHFでパワー小になり、まだICOMのサポートが受けられる頃だったので、一旦サポートの方へ送ったがFET在庫なしで修理不可となった。

それで、うちに何とかならない?と持ち込まれた。

国内には在庫が無さそうだったので、海外サイトで探してみたらAliExpressでチラホラと取り扱いがあったので、「偽物かもしれないから場合によっては諦めて」と伝えて手配。

届いたFETは使えたので、念のために返却後に再度手配しておいたが、また使うことになるとは…。

 

f:id:ma2electron:20200525091829j:plain

 

Driver基板を外す。 電動はんだ吸い取り器が無いと外せないかも。

f:id:ma2electron:20200525091936j:plain

 

 

外した基板をクラッド抵抗器の上に固定。

下にアルミ板を敷いているのは、熱で机が焦げないように。

過去に導電マットが溶けて穴が開いた。

クラッド抵抗は8Ω、スピーカーのダミーロード代わりにも使えるかなと選んだだけ。

13.8Vの小型DC電源(4Aクラス)でも使える。

クラッド抵抗への電源用の配線は、はんだ付け不可。

熱ではんだが溶ける(溶けた)。

 

Driver基板のグリスを拭き取り、パーツクリーナーなどのアルコールでグリスを洗い流してから加熱。

f:id:ma2electron:20200525092001j:plain

 

f:id:ma2electron:20200525092435j:plain

FETの他、チップ部品も外れることがあるので、紙テープなどで固定しておくことをお勧め。

はんだを一度きれいに吸い取って、放熱板の上に再度はんだメッキしておく。

 

新しいFETを載せて再加熱しはんだが溶けたら、少し左右にFETを動かして気泡を抜く。

位置決めをしたら抵抗への電源を切ってはんだが固まるまで待つ。

そのあとにFETと基板のはんだ付け。

 

元通りにして完成。

 

ドライバー段とファイナル段のアイドリング電流を調整して終了。

海外サイトにあるサービスマニュアルと現物で、VRの位置がイラストと違うが基板のシルク印刷があるのでそちらでVRを確認。

サービスマニュアル通り、一度、反時計回りにVRを回し切ってから調整をする。

前回は、ここを間違えていたようで、再び私の所に来てしまったようだ。

 

 

続、ICOM IC-27 VR修理、その後とIC-27(2台目)

2台目のIC-27修理の続き。

 

しばらく放置して、連休中は暇になったのでもう一度開けてみた。

f:id:ma2electron:20200516200021j:plain

 

PLL IC周りの再チェック。

オシロで波形を追ってみると、PLL ICへデータが来てない。

いくつかのピンの入力抵抗値が低い。

PLL ICは交換したが長期在庫品で怪しいモノだし・・・。

いくつかコネクターを外してLOGIC基板からのデータ出力を見るとちゃんと出てる。

 

PLL基板をひっくり返してコネクターを見ると、はんだでコネクターショート。

ショートを取り除くとデータが見えた。

 

実は、LOGIC基板がダメなのかと前期型のLOGIC基板を手に入れていて、この後期型のIC-27へ載せ替えていた。

PLLの電圧調整をしてロックがかかるのが分かったので、さっそく手持ちのハンディー機で受信させてみると、受信はしているけれどなんか様子がおかしい。

送信周波数が合ってない。

カウンターで測定すると、10MHz上に居る。

SGで信号を入れると、これも表示より10MHzの周波数を受信。

「???」

LOGIC基板をもとの後期型に戻すと表示と送受信周波数が一致した。

f:id:ma2electron:20200516200857j:plain

後期型のLOGIC基板

IC-37で前期型と後期型で周波数構成に違いがあるというのは、どこかのブログで観た記憶があるけどIC-27については情報が無い。

 

一通り動き始めたので、定番のVR修理。

VOL(SW付きのVR)は、手持ちがあったのでそのまま交換、SQLは嫌々分解組み立て。

やっぱり1回では修理できず、3回ほど分解と仮組をくりかえしてやっと直った。

f:id:ma2electron:20200516201412j:plain

f:id:ma2electron:20200516201348j:plain

f:id:ma2electron:20200516201539j:plain

 

f:id:ma2electron:20200516201638j:plain

やっと直った。 無駄にお金がかかったなぁ。

表示欠けはどうしようもない。

ジャンク機を落札してまで修理するほどのものでもなさそう。

前期型と違い、受信拡張すると144~153.99MHzになるが、アマチュアバンド外での受信感度は良くない。

FORMAC40 VRシャフト外れ修理など

ヤフオクからFORMAC40を入手。

この機種はいくつか派生機種があり、40chのものや80chのものがあり、サイバネット社の基板とSメーターを使っているので、見た目に特徴が共通している。

 

f:id:ma2electron:20200516190045j:plain

サイバネットの代表的な(?)CB機

FORMAC40は修理後の状態。

分解して掃除したのできれいになった。

 

 

Sメーターはこんな感じ。

年代や機種によって若干違うが、黒地に白帯と白文字。

f:id:ma2electron:20200516190306j:plain

f:id:ma2electron:20200516190327j:plain

 

個人的な使い勝手は、COMMANDO8080がマイク端子が全面パネルにあるので使いやすい。

 

で、FORMAC40だが、汚いので掃除しようと分解を始めたら・・・・。

f:id:ma2electron:20200516190549j:plain

もげた

f:id:ma2electron:20200516190621j:plain

なんでシャフトが抜けるの?

f:id:ma2electron:20200516190650j:plain

がっかり

 

どうやら経年でVRの機械強度が落ちているのと、ツマミがシャフトに瞬間接着剤でくっつけていたような形跡があった。

気を取り直してどこかに同じものはないかと、サトー電気さんのサイトを見たら、φ16ボリュームが使えそう。

ただ、写真で見てもシャフトの長さが短いがどうなか?と思いつつ手配してみる。

VRの抵抗値はPTBM106AOX基板などを参考にしたり、現物の抵抗値を測定した。

VOL スイッチ付き50KΩ

SQL 10kΩ

RF-GAIN 100KΩ

Aカーブ/Bカーブについては問わず、入手できるものとした。

f:id:ma2electron:20200516191819j:plain



f:id:ma2electron:20200516191909j:plain

購入したVRは少しシャフトが短いけど使えた。

 

Ch表示のLEDがダメなのか、3か所くらいしかセグメント点灯せず。

掲示板で問い合わせしてみたが回答は得られず、手持ちのTRG321を一度取り付けて様子を見てみたところ、問題なく表示できたのでTLR321へ再度交換した。

f:id:ma2electron:20200516192303j:plain

TRL321を取りつけ。 元のLEDの型番は分からない。

 

フロント周りはほぼ全バラシになったので、かなり奇麗になった。

ダミーロードでパワーチェックして約5W、受信感度も問題なさそう。

PLL02Aの配線変更で28MHzへ改造は簡単にできて、割と安く落札できる入門機としては最適です。

改造方法はこちらが分かり易くて良いです。

jr7eqw28855.sakura.ne.jp

 

 

C-1100(旧STANDARD)修理

修理というほどでもなかったのですが・・・。

 

既に何台か持っているのですが、つい、回転寿司状態でじわじわと価格が下がってたので保護。

 

f:id:ma2electron:20200419093813j:plain

C1100

 

スピーカー断線してました。

あまり見かけないサイズで45mm。

f:id:ma2electron:20200419093917j:plain

あまり見ないサイズ

 

f:id:ma2electron:20200419094135j:plain

 

ヤフオクにたまたま45mmのスピーカーが出ていたので落札。

(左が落札したスピーカー)

f:id:ma2electron:20200419094103j:plain

 

 

スピーカー本体のリブ厚さが違い、取り付けてみたらガバガバ。

スピーカー金具を万力でつぶしたり叩いたりして、固定できるようになった。

f:id:ma2electron:20200419094232j:plain

金具を万力でつぶして取付

 

 

パワーは出てたし受信も大丈夫でしたが受信再調整。

Sメーター電圧最大になるように再調整。

F調整は基板のテスト端子にカウンターをつないで調整。

 

 

TS-780 FM-CHだけエンコーダー(メインダイヤル)動作しない

ヤフオクから動作未確認なTS780を落札したので修理してみました。

 

怖々とACコードをつないで電源ON。

爆発や煙も出ずに無事に表示が出ました。

 

VHF側は送信OK、UHF側はパワー小、FM-CHの時にだけメインダイヤルが動作しない。

錆多数、汚れ多数。

 

UHFパワー小は、TX-UNITが不良になっているみたいで、TX-UNIT出口のレベルが少ない。(良品は+10dBm超えている)

 

f:id:ma2electron:20200419090020j:plain

 

ジャンク機から基板を入れ替えてここは解決。

回路を追って原因を追う気力が無かったので・・・・。

 

FM-CHでダイヤルが効かない。

CQ出版のメンテナンスブック1やサービスマニュアルに出ている、エンコーダーの調整をしてみる。

f:id:ma2electron:20200419090334j:plain

調整してもダメ。

 

経験者に聞くと、↓ここじゃない?

f:id:ma2electron:20200419090859p:plain

はい、その通りでした。

f:id:ma2electron:20200419091122p:plain

f:id:ma2electron:20200419091158j:plain

VR1はフロントパネルを倒して上面からしか手が入りません。

しかも、フラットケーブルの裏側。

 

なんとかドライバーを入れて少し回すと動きました。

 

フリーダムのA/F値の処理

久しぶりにフリーダムネタ。

相変わらず月に1~2台程度で細々と製作しております。

フリーダムで走る車の生存数も減り始めているのか、ある程度行き渡ったからか、オークション出品しても落札されないことが増えてきました。

10年以上前にGarage502さんが50台限定でロガーを販売され、数週間で売り切れたようですが、こちらは4年以上かかって、50台を超えたところです。

 

昨年、モニター回路の解説的なものを書いたのですが、A/Fに関連する項目について書いておきます。

詳細は割愛しますが、下に書いている55桁の数字がフリーダムからの生データの例です


「?DAT」をターミナルソフトなどでPCから送信すると、似たようなデータが返ってきます。
0088503890082800396076500111390183007616010240000037266

A/Fに関しては、下記の処理をしています。
生データの右から5文字を切り取り、それを文字列から数値化
37266を一度16進の数字に変換(4桁)
4桁の数字の頭2文字と後ろ2文字に分ける
2文字ずつに分けた数値をそれぞれ10進数に変換
小数点を加える
と言う処理をしてます。


※エクセルで何も考えずにセル計算させると予想外の数値になります。
 これは、FCSS内部で扱う数値の桁数が小さい為、負の補数が関係しています。
 下記リンクを見て頂けると参考になると思います。

 

share-answers.com


空燃比連動が無い場合は、生データの5桁の文字が外部電圧に振りあてられるため、上記の変換を行うと意味不明の数値になりますが、ロガーの回路やプログラム製作時から、空燃比連動無しのフリーダムを対象としていなかった為に、どんな生データが返されているのかは検証していないので不明ですが、

「エンジン始動直後はR=実A/Fは1.9 T=マップA/Fは13.6と表示されます。」

というフリーダムモニターのユーザー様から連絡をいただいたことがあり、外部入力電圧の値がそのまま5ケタ(小数点無し)で戻ってきているようです。

 

元ネタである、空燃比計有りの場合の計算方法は、Grage502さんのブログか何かで見たような気がしますが、
どこにあったかまではもう、記憶にありません。

 

水晶シンセサイザー式CB無線機の改造(クリスタルレス化?)考察

お世話になっている掲示板に、

「どなたか 3つの周波数を発生させることのできるPLL-ICでCB無線機を改造した方はおられませんか?」

と書き込みがありました。

 

以前からこれは考えているのですが、ソフトを書くのが大変そうなので手を付けていません。

ただ、方法としてはいくつか思いついています。

 

その1)真面目に3波をSi5351Aから作り出す。

Chセレクターから親石と小石の位置をマイコンへ入力(親6ポート、子4ポート)

Tx/Rx切り替え信号を入力(1ポート)

マイコンでそれぞれのポートの状態を見て、親石とTx小石Rx小石を再現してSi5351Aから出力。

その際、Si5351Aの仕様から、Si5351Aの出力1chを親石、ch2をTXまたはRX、ch3をRXまたはTX用に振り分ける必要があります。

 

その2)不真面目に3波

ここColonel 324の【 系統図 その2 】に注目。

小石を2個に減らして3クリスタル式PLL風にしています。

chセレクターの入力とTx/Rxの切り替えはマイコンへ入れます。

マイコンでそれぞれのポート状態を見てSi5351Aから出力させますが、出力ch1で送受信の必要な23chあるいは24ch分を用意します。

出力ch2/ch3は特定の周波数だけ、例えば、RX:10.24MHz TX:10.695MHz。

 

その3)手抜き

前回ブログに書いた親石のみSi5351Aで出力の応用。

小石は1個ずつ残して周波数はその2のように固定。

chセレクターの親石用と小石用だけをマイコンへ入力し、Si5351Aは出力1chのみで23または24chを賄う。